門田明氏の鹿児島とキリスト教

ザビエル鹿児島を去り都へ

更新日:

門田明氏の鹿児島とキリスト教⑬

これまで、鹿児島に滞在したザビエルについて話してきた。1549年8月15日鹿児島に来た彼は、2年近くこの地にとどまったが、1551年にここを去り、京に向かった。

かねてからミヤコに行きたいという希望を書簡でも語っている。『季節風が吹かないために、日本の国王や大諸侯たちがいるミヤコへ行くことができません。今から5ヵ月後にはミヤコへ行くための季節風が吹きはじめますので、主なる神のお助けによって、順風に乗り、旅路を歩みましょう。』(1549年11月5日、ダ・シルヴァ宛)

ザビエルが得ていた情報によれば、当時京都には9万6000戸の家があり、リスボンより大きい町だとマラッカに書き送っている。ミヤコに向かったザビエルは、まず平戸に行く。「そこでは領主(松浦隆信)が私たちをたいそう歓迎してくれましたので、そこに(2ヵ月間)滞在して100人ほどの人たちを信者にしました。」(1552年1月29日、イエズス会宛)

ザビエルはさらに足を延ばす。「フアン・フェルナンデス(鹿児島で信者になったベルナルド)と私は、日本(で最強)の領主(大内義隆)がいる山口と呼ばれる地へ行きました。この町には1万人以上の人びとが住み、家はすべて木造です。」ザビエルは幾日間も街頭に立ち、毎日二度話し、大勢の人が説教を聞きに集まったという。もちろん彼の話を馬鹿にして反対する者もあり、結果としては信者になった者は少数であった。

こうして「活動の成果が挙がらないのを見て、私たちはミヤコと呼ばれる全日本の首都へ行く決心をしました。(平戸から京都へは)二ヵ月間の旅程でした。」(同上)ということになった。

随分危険な旅をしてミヤコに到着し、ここに11日間滞在したという。天皇に会い、全国宣教の許可を受けるつもりであったが、戦乱でミヤコは荒れ果て、実現の可能性は皆無と分かった。こうしてザビエルはもう一度山口に引き返し、この地で宣教に励むこととなった。(玉里教会信徒・ザビエル上陸顕彰会会長)

鹿児島カトリック教区報2007年6月号から転載

お勧めの記事

中野裕明司教の紋章 1

今回は世界宣教の日(10月23日)に因み、禁教令下最後の宣教師シドティ神父についてお話します。彼は、1708年屋久島に上陸、すぐに捕らえられ、長崎の奉行所で尋問を受け、翌年、江戸に送られ、キリシタン屋敷に収監されます。

中野裕明司教の紋章 2

教皇フランシスコが命がけで、訴えていることは、二つの回勅で指摘されていることがらが真実であるかどうかを、私たちが暮らしている現場、あるいは日常生活の中で確認する作業を怠らないようにということです。

中野裕明司教の紋章 3

イエスの指摘(マタイ10・34~39)は、私たちの生活の現実を見事に言い表しています。つまり、たとえ血縁関係にあっても平和は構築しがたい、もし平和が欲しいなら、自分とイエスとの関係性で考えなさい、という勧告です。

中野裕明司教の紋章 4

「いのちの福音」は神からいただいたすべての「人間のいのち」について、カトリック教会の教えを体系的に論述したものですが、私は、胎児のいのちに限り、論点だけをお話いたします。

中野裕明司教の紋章 5

「イエスのみ心」の信心の始まりは、あくまで十字架上で血を流された、あのイエスの心(愛)を観想することです。「永遠のいのちの糧であるパン」と「多くの人の罪のゆるしのために流される血」を受けて、イエスの愛を生き、他者を愛する力が与えられるよう祈りましょう。

-門田明氏の鹿児島とキリスト教
-

Copyright© カトリック鹿児島司教区 , 2023 All Rights Reserved Powered by STINGER.