門田明氏の鹿児島とキリスト教

ザビエルと忍室和尚

更新日:

門田明氏の鹿児島とキリスト教⑩

先号では、鹿児島に住み着いたザビエルについて話した。
この鹿児島で、ザビエルは玉竜山福昌寺東堂の忍室和尚と親しく交流している。

「僧侶たちのなかでもっとも知識のある人たちと幾度も語り合いました。そのなかで、とくにこの地のすべての人びとからたいへん尊敬されている方は、学識豊かで生活態度が立派で、高位にあり、また80歳の高齢であるためにたいへん尊敬されている方で、忍室と呼ばれ、日本語では(この名は)『真理の心』を意味しています。彼らのあいだでは司教に相当する地位(東堂)におられます。
・・・いろいろ話しあったなかで、霊魂が不滅であるか、あるいは身体とともに滅びるものであるかについて、彼が疑いを持ち、決めかねていることを私は知りました。彼は私に、ある場合には霊魂は不滅であると言い、他の場合には否定します。・・・」(聖フランシスコ・ザビエル全書簡)

禅問答=ザビエル教会の石版

禅問答=ザビエル教会の石版

ザビエルはこうも言っている。「この忍室は私とたいへん親しい間柄で、それは驚くほどです。」日本で初めての仏教とキリスト教、異宗教間の対話が行われた。きわめて重要な出会いであったと思う。

最近、山本年樹『遥かなるザビエル』(文芸社・2007)が出版されたが、忍室とザビエルの対話を、いかにも生き生きと再現しておられる。引用してみたい。

「パドレ、よくお見えになりました」
「忍室殿、あそこに座っている若い僧たちはなにをしているのですか?」
「あれは座禅といいましてな。いわば心の修業をしております」
「わが師イグナチオの教えの、霊操という心の鍛練にそっくりです。なにを黙想しているのですか?」
「無です」
「無?」というように対話が進んでゆく。お互い理解にはほど遠いと思うが、相互に深い尊敬の気持ちで別れたように思う。(玉里教会信徒・ザビエル上陸顕彰会会長)

鹿児島カトリック教区報2007年2月号から転載

お勧めの記事

司教の手紙⑤ 1

世界規模で実施されているシノドスの方法論は、教会の存在理由である福音宣教のために有効な手段であると思います。教区代表者会議の準備のために、間もなく、代表者の皆様のお手元に最初の質問状をお届けします。

司教の手紙④ 2

皆様お元気でしょうか。鹿児島教区はこれまで「ザビエル上陸記念祭」を8月中に日時を変えて祝ってきましたが、今年(渡来470年)から、8月15日に固定したいと思います。その理由をお話しします。 8月15日 ...

司教の手紙 3

皆さまお元気でしょうか。今回は「神の国と聖体」についてお話したいと思います。「聖体」は、信者の皆さんにとっては自明の信仰の真理でしょう。それを頂くためにミサに参加しているといっても過言ではありません。 ...

司教の手紙201903 4

神の国とは、神の支配が実現した状態のことですが、それは罪と死に拘束されていた人間が、イエスの死と復活によってそれらから解放されたという、イエスの弟子たちの理解によるものです。

司教の手紙 5

みなさまお元気でしょうか。今回から、私の紋章に用いた聖句についての説明を始めたいと思います。紋章の聖句はご存じのとおり、「まず、神の国とその義をもとめよ」(マタイ6・33)です。 「まず」とは「何はさ ...

中野裕明司教 6

「一年の計は元旦にあり」と申しますが、今年の年頭の辞は、「わたしの司教職の計は元旦にあり」ということになります。つまり、司教紋章の聖句に掲げたモットーは、今年限りではなく、私の在任中ずっと継承すべきものであるといえます。もちろん、「神の国」というテーマは、イエスご自身の生涯のテーマでしたし、イエスがもたらした、福音のキーワードです。

7

聖パウロや使徒たちは、手紙(書簡)という方法で、信者との交信を図りました。私も聖人たちに倣い、この方法を用いたいと思います。よろしくお願いします。

-門田明氏の鹿児島とキリスト教
-

Copyright© カトリック鹿児島司教区 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.