門田明氏の鹿児島とキリスト教

キリスト教の日本伝来

更新日:

門田明氏の鹿児島とキリスト教①

最近、鹿児島とキリスト教の出合いと、その後の歴史に興味を持っている。それでしばらく、思いつくままに学んだことを書き留めてゆこうかと思う。

少し話が大きくなるが東洋にキリスト教が伝えられたのはいつのことかそのあたりから始めてみたい。

川口一彦編著『景教』によると、景教の景とは大きな光、燃えて輝く太陽の意昧で、永遠の光・世の光であるイエスのことであるという。東シリアの初代教会が、シルクロードを通って中国の唐に宣教し、栄えたイエス教団だという。

紀元781年、西安に景教碑が建立され、そごに「ぺルシャ人の医師リミツ」とあり、景教を伝えたミリスのことでないかと推測されている。このミリスは西安に来る45年前来日する。つまりキリスト教は、日本に最初、紀元736年に伝えられたかもしれない。

一方、仏僧空海は804年、遣唐使船で長安に着き、密教経典を学ぶが、彼は景教碑を見、それを作ったペルシャ人景浄と親交があったという。景浄はミリスの父と言われている。空海自身と景教の関係については資料もない状態であるというが、密教の儀式の中で十字を切ることがあり、キリスト教景教の影響であろうと推測されている。

このように見てくると、キリスト教はかなり早い時期に日本に伝えられていた可能性がある。十分の内容が正確に伝えられたとは考えられないが、広い意味で、漠然とした思想として、仏教を着色するような形で、人々の心に浸透していたのではないだろうか。

もちろんごの話は鹿児島と無関係かもしれない。当時の日本の中心地、奈良、京都などでの出来事であろうが、鹿児島はまったく無関係だったろうか。断言はできないが、絶対無関係とも言えまい。8世紀、鹿児島にもキリスト教の陰がかすかに差したか、好奇心をそそられる。(玉里教会信徒・ザビエル上陸顕彰会会長)

鹿児島カトリック教区報2006年5月号から転載

お勧めの記事

司教の手紙⑤ 1

世界規模で実施されているシノドスの方法論は、教会の存在理由である福音宣教のために有効な手段であると思います。教区代表者会議の準備のために、間もなく、代表者の皆様のお手元に最初の質問状をお届けします。

司教の手紙④ 2

皆様お元気でしょうか。鹿児島教区はこれまで「ザビエル上陸記念祭」を8月中に日時を変えて祝ってきましたが、今年(渡来470年)から、8月15日に固定したいと思います。その理由をお話しします。 8月15日 ...

司教の手紙 3

皆さまお元気でしょうか。今回は「神の国と聖体」についてお話したいと思います。「聖体」は、信者の皆さんにとっては自明の信仰の真理でしょう。それを頂くためにミサに参加しているといっても過言ではありません。 ...

司教の手紙201903 4

神の国とは、神の支配が実現した状態のことですが、それは罪と死に拘束されていた人間が、イエスの死と復活によってそれらから解放されたという、イエスの弟子たちの理解によるものです。

司教の手紙 5

みなさまお元気でしょうか。今回から、私の紋章に用いた聖句についての説明を始めたいと思います。紋章の聖句はご存じのとおり、「まず、神の国とその義をもとめよ」(マタイ6・33)です。 「まず」とは「何はさ ...

中野裕明司教 6

「一年の計は元旦にあり」と申しますが、今年の年頭の辞は、「わたしの司教職の計は元旦にあり」ということになります。つまり、司教紋章の聖句に掲げたモットーは、今年限りではなく、私の在任中ずっと継承すべきものであるといえます。もちろん、「神の国」というテーマは、イエスご自身の生涯のテーマでしたし、イエスがもたらした、福音のキーワードです。

7

聖パウロや使徒たちは、手紙(書簡)という方法で、信者との交信を図りました。私も聖人たちに倣い、この方法を用いたいと思います。よろしくお願いします。

-門田明氏の鹿児島とキリスト教

Copyright© カトリック鹿児島司教区 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.