教区報(月刊紙)

【カトリック鹿児島教区報】2016年1月~12月号

更新日:

教区報12月号

【1面トップ】小教区の現状を分析し未来へ--分かち合いを中心にした今年の教区評議会
【2面トップ】「僕の長崎への道」~日本26聖人の道を歩いて④
【3面トップ】今年もキリスト者の生き方を学ぶ--福者レオ七右衛門殉教祭
【4面トップ】先に天国に旅立たれた大野神父様へ--教区司祭団代表・中野裕明神父、信徒代表・平敬司さんの弔辞

 

教区報11月号

【1面トップ】教区の若者たちが力を発揮---ネットワークミーティング鹿児島大会
【2面トップ】「僕の長崎への道」~日本26聖人の道を歩いて③
【3面トップ】11/23シドッチ神父屋久島上陸記念祭---地元とともに歩む趣向凝らし
【4面トップ】ザビエルの道を辿って---中高生が活躍「伊集院徒歩巡礼」

 

教区報10月号

【1面トップ】朴昶奎師を司祭に叙階--4人目の韓国籍教区司祭として
【2面トップ】「僕の長崎への道」~日本26聖人の道を歩いて②
【3面トップ】「神はありのままの君たちに期待している」(教皇フランシスコ)--ワールドユースデー・クラクフ大会
【4面トップ】カトリック幼児教育がこれから進む方向--第47回カトリック幼稚園教職員研修会

 

教区報2016年9月号

【1面トップ】平和には挑戦と寛容さが不可欠--今年のザビエル上陸記念祭で郡山司教
【2面トップ】「僕の長崎への道」~日本26聖人の道を歩いて①
【3面】僧侶も司教も繁華街を行進、新しい代表は10人家族、司教執務室便り、他
【4面トップ】神さまのいつくしみとは…「第4回聖書学校in宮崎」を終えて

 

教区報2016年8月号

【1面トップ】司祭たちが家庭について学習--高見大司教を講師に「司祭のための聖年」
【2面トップ】一通の手紙から考える~ヤジロウの素性と川上久恒の殉教~教区広報部
【3面トップ】郡山司教の教区評議会に向かう心~新しい宣教へのヒントと取り組み
【4面】熊本地震被災地でのボランティア活動~教区大神学生、鈴木神父のやさしいみ言葉、ほか

 

教区報2016年7月号

【1面トップ】かかわり合って命を輝かそう!谷山教会で障がい者と捧げるミサ
【2面トップ】「平和のための脱核部会 大分集会」に参加して(正義と平和協議会 教区担当・山下和実さん)
【3面】教区の司祭たちの役職、司教執務室便りほか
【4面トップ】障がい者と共に捧げるミサでの頭島神父の説教

 

教区報2016年6月号

【1面トップ】逼迫する教区財政の立て直しを模索--今年の教区経済問題評議会
【2面トップ】中高生が恒例の長崎巡礼で得たもの--参加者の感想文
【3面トップ】研修とミサで地域力を強める--薩来園で恒例の北薩信徒大会
【4面】2015年鹿児島教区現勢報告、鈴木神父のやさしいみ言葉、他

 

教区報2016年5月号

【1面トップ】「柔和と寛容の人」美島春雄神父帰天--突然の訃報に驚き
【2面】2016年/教区と歩む司祭・助祭--顔写真付き紹介
【3面】司教執務室便り、わたしの初聖体、シドッチ神父の遺骨が出土、他
【4面】「成長する福音」--頭島神父(谷山)、鈴木神父のやさしいみ言葉、他

 

教区報2016年4月号

【1面トップ】罪人への神の寛大さに感謝!---司教座教会で主にささげる二十四時間実施
【2面トップ】第二章「成長する福音」---レデンプトール会・頭島光神父
【3面トップ】食から学んだ命の尊さ!---奄美カトリック女性連盟研修会
【4面トップ】カトリック正義と平和協議会---鹿児島錬成会報告(出席者感想)

 

人事異動のお知らせ

 

教区報2016年3月号

【1面トップ】神にそして鹿児島の土壌に感謝!---郡山司教誕生からの十年を振り返る
【2面トップ】障がいを共に生きる--—新たな出会いと交流を求めて長崎巡礼(谷山教会信徒)
【3面トップ】国分教会に待望の新聖堂---感謝の心に満たされ二月十一日献堂
【4面トップ】聖心教会聖堂修復への思いと思わぬ恵み(聖心教会信徒)

 

教区報2016年2月号

【1面トップ】マリアに倣い他者への思いを巡らせよう---郡山司教が元旦の星塚教会ミサでメッセージ
【2面】「福音の種は蒔かれた」(2)—頭島神父
【3面トップ】神のみ旨、教会、家族について考えた!---中高生が冬のキャンプ
【4面】鈴木神父のやさしいみ言葉、質問箱、ほか

 

教区報2016年1月号

【1面】いつくしみの特別聖年を生きる---2016年年頭教書
【2面トップ】パウロ貴島丈弥さん司祭に叙階
【3面トップ】教区各地でいつくしみの扉を開く式典
【4面トップ】「福音の種は蒔かれた」(1)---頭島神父

お勧めの記事

中野裕明司教の紋章 1

新型コロナパンデミック、ロシアによるウクライナ侵攻という歴史的な変容の中で、主イエスの復活を黙想し、その意味を明かしていくことはとても意義深いことです。今回はこの復活祭の意味についてお話ししたいと思います。

中野裕明司教の紋章 2

中野裕明司教は2月28日、鹿児島の全教区民に日本カトリック司教協議会(会長=菊地功大司教)の会長談話を告知するとともに、ウクライナの平和のために「日本の教会と心を合わせて祈りましょう」と、呼びかけまし ...

中野裕明司教の紋章 3

教区の皆さま、お元気でしょうか。 今年の四旬節も新型コロナウイルス禍の中で過ごすことになりそうです。そこで今回はイエスの教えとウイルスについてお話します。 「ウイルス」という言葉が、マスコミで多用され ...

中野裕明司教の紋章 4

2月25日、私たちは「教区創立」67周年を迎えます。教区創立とは、教区司教が任命され、教会法的に言うなら、世界に広がる「普遍教会」の中の、一つの部分教会として認められたということです。この機会に鹿児島教区のことを3つの視点から皆さんと分かち合いたいと思います。

中野裕明司教の紋章 5

日本で初めて、ザビエルさまを迎え入れた鹿児島教区として、ザビエルさまの聖徳、すなわち「聖人としての証」についてご一緒に考えてみたいと思います。

中野裕明司教の紋章 6

今回はクリスマスを迎える準備として、マリア様とヨセフ様のことに思いを馳せながら信者としての生き方を求めていきたいと思います。

中野裕明司教の紋章 7

この世に存在しながら、神の国の建設を目指すわたしたちは、神のみ旨を追求するために、神の言葉への回帰に努めたいと思います。この日に始まる「聖書週間」はその良い機会になるのではないでしょうか。

-教区報(月刊紙)

Copyright© カトリック鹿児島司教区 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.