教区報(月刊紙)

【2021年11月号】鹿児島カトリック教区報

更新日:

紙面の主な記事

【1面トップ】司教の手紙---「王たるキリストの祝日」に寄せて---中野裕明司教
【2面トップ】世界代表司教会議(シノドス)第16回通常総会へ向けて>>>鹿児島教区における《歩み》の展望>>>「シノドス的歩み」のための教区連絡担当者・霧島彬神父
【3面トップ】宣教師たちの働きに感謝---聖心教会で奄美宣教再開記念感謝ミサ
【4面トップ】教区シノドス これからどう進む⑭み言葉の分かち合いとは(7)7段階法のまとめ---教区シノドス推進会議事務局・長野宏樹

2021年11月号のダウンロードはこちらから(1,111Kb)

紙面のプレビュー画面

お勧めの記事

中野裕明司教の紋章 1

この世に存在しながら、神の国の建設を目指すわたしたちは、神のみ旨を追求するために、神の言葉への回帰に努めたいと思います。この日に始まる「聖書週間」はその良い機会になるのではないでしょうか。

中野裕明司教の紋章 2

教区の皆さま、お元気でしょうか。 今回は私たちが主日のミサで必ず唱和している使徒信条の冒頭の句「天地の創造主、全能の父である神を信じます」の意味をご一緒に考えてみます。 新型コロナウイルスの世界的感染 ...

中野裕明司教の紋章 3

教区の皆さまお元気でしょうか。今回は家族の中の夫婦愛についてお話します。申すまでもなく、家族は結婚した一組の男女によって誕生します。つまり夫婦は家族の屋台骨であります。夫婦は一心同体が理想とされ、仲の ...

中野裕明司教の紋章 4

「兄弟は他人の始まり」と日本では言われています。だとすれば、兄弟愛を育むことが如何に大事なことか、それは人類が殺し合う戦争の防止に欠かせないことだから、だと言えます。

中野裕明司教の紋章 5

洗礼を受けて、神の子どもにしていただいた私たちはイエスのように生涯を天の父のみ旨を求め、それを果たしていけるように「子」として、全力を尽くさなければなりません。

-教区報(月刊紙)
-

Copyright© カトリック鹿児島司教区 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.