教区報(月刊紙)

【2019年11月号】鹿児島カトリック教区報

更新日:

紙面の主な記事

【1面トップ】教会の現状と問題点を分かち合う---鹿児島教区シノドス終わる
【2面】弔辞---神のみもとに旅立たれた竹山神父様へ 永山幸弘神父、郡山康子修道女、柳正子さん
【3面トップ】「対等」が生かされる教会になるために---紫原教会・山口好信神父
【4面トップ】奄美宣教再開記念ミサと関連行事に参加して---嘉渡教会・恵輝久さん

2019年11月号のダウンロードはこちらから(790Kb)

紙面のプレビュー画面

お勧めの記事

中野裕明司教の紋章 1

洗礼を受けて、神の子どもにしていただいた私たちはイエスのように生涯を天の父のみ旨を求め、それを果たしていけるように「子」として、全力を尽くさなければなりません。

中野裕明司教の紋章 2

教会は伝統的に家庭を「社会の細胞」という風に理解しています。その訳は、多くの家庭が同じ問題を抱えているとそれは社会問題に発展するし、社会に問題が起こるとそれは家庭にダメージを与えるということになるからです。

中野裕明司教の紋章 3

神の救いの計画は、家庭の中から始まると言っても過言ではないと思います。

中野裕明司教の紋章 4

イエスを収めた墓までの記録は、罪深い人間のわざと言えるし、空の墓からの出来事は、神の働き、神のわざであると言ます。そのように私たちは信じています。復活の証人となれますように!

中野裕明司教の紋章 5

教皇フランシスコは、2021年を「聖ヨセフの年」と宣言なさいました。これは、聖ヨセフを「普遍教会の保護者」と宣言した、教皇ピオ9世の使徒的書簡発布の150周年を記念して催されるものです。今回はこのことについてお話します。

-教区報(月刊紙)
-

Copyright© カトリック鹿児島司教区 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.