教区報(月刊紙)

【2019年11月号】鹿児島カトリック教区報

更新日:

紙面の主な記事

【1面トップ】教会の現状と問題点を分かち合う---鹿児島教区シノドス終わる
【2面】弔辞---神のみもとに旅立たれた竹山神父様へ 永山幸弘神父、郡山康子修道女、柳正子さん
【3面トップ】「対等」が生かされる教会になるために---紫原教会・山口好信神父
【4面トップ】奄美宣教再開記念ミサと関連行事に参加して---嘉渡教会・恵輝久さん

2019年11月号のダウンロードはこちらから(790Kb)

紙面のプレビュー画面

お勧めの記事

中野裕明司教の紋章 1

今回は私たちの信仰について、現状を考察し、未来に向けた方向性を分かち合いたいと思います。基礎になるのはもちろんイエスの言葉です。「わたしが来たのは律法や預言者を廃止するためだ、と思ってはならない。廃止するためではなく、完成するためである」(マタイ5・17)

中野裕明司教の紋章 2

教皇が取り上げているこの「地球環境保護」というテーマは、単に、物理的な地球の生態系の変化のことを指しているのではなく、それは人間性の破壊に及ぶものであり、したがって、私たちの行動原理にまで、反省を促すものであります。

中野裕明司教の紋章 3

教区の皆さま、お元気でしょうか? 新型コロナ禍、自然災害等、心配事が多い中、希望を失わずに前進してまいりましょう。 シノドス提言の実践、今後の進め方のポイント さて、皆さまのお手元には、「教区シノドス ...

中野裕明司教の紋章 4

教区の皆さま、お元気でしょうか? 「教皇フランスコ訪日講話集」(カトリック中央協議会 2020年1月25日)のはしがきで菊地功東京大司教は次のように書いています。 「わたしたちは、薄っぺらな言葉が飛び ...

中野裕明司教の紋章 5

心を変えましょう!私たちの心が、少しでもイエスのみ心に近づくことができますように。

-教区報(月刊紙)
-

Copyright© カトリック鹿児島司教区 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.