教区報(月刊紙)

【鹿児島カトリック教区報】2018年12月号

投稿日:

紙面の主な記事

  • 【1面トップ】皆さんと過ごした歳月に感謝--郡山健次郎前鹿児島教区長
  • 【1面】司教の手紙--ご挨拶=感じたい「教区の一体感」--中野裕明司教
  • 【2面】釜ヶ崎「ふるさとの家」で考えた事--鹿児島教区神学生・諏訪勝郎
  • 【3面トップ】列福から10年--川内教会が育んできたレオ列福への思い
  • 【4面トップ】中野司教誕生と3司祭との別れ--教区報で2018年を振り返る

2018年12月号のダウンロードはこちらから  (794Kb)

紙面のプレビュー画面

お勧めの記事

司教の手紙201903 1

神の国とは、神の支配が実現した状態のことですが、それは罪と死に拘束されていた人間が、イエスの死と復活によってそれらから解放されたという、イエスの弟子たちの理解によるものです。

司教の手紙 2

みなさまお元気でしょうか。今回から、私の紋章に用いた聖句についての説明を始めたいと思います。紋章の聖句はご存じのとおり、「まず、神の国とその義をもとめよ」(マタイ6・33)です。 「まず」とは「何はさ ...

中野裕明司教 3

「一年の計は元旦にあり」と申しますが、今年の年頭の辞は、「わたしの司教職の計は元旦にあり」ということになります。つまり、司教紋章の聖句に掲げたモットーは、今年限りではなく、私の在任中ずっと継承すべきものであるといえます。もちろん、「神の国」というテーマは、イエスご自身の生涯のテーマでしたし、イエスがもたらした、福音のキーワードです。

4

聖パウロや使徒たちは、手紙(書簡)という方法で、信者との交信を図りました。私も聖人たちに倣い、この方法を用いたいと思います。よろしくお願いします。

5

序論:「八つの幸い」・「地の塩・世の光」 配布資料 第2講レジュメ

-教区報(月刊紙)
-,

Copyright© カトリック鹿児島司教区 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.