教区報(月刊紙)

【鹿児島カトリック教区報】2017年11月号

更新日:

教区報2017年11月号

【1面トップ】「笑顔絶やさぬ司祭になる」と抱負---李秉德さん5人目の韓国籍教区司祭に
【2面トップ】「絶えざる御助けの聖母」のイコン拝受150年記念にあたって(レデンプトール会)
【3面トップ】諏訪勝郎神学生の「僕の長崎への道」---日本二十六聖人の道を歩いて(14)
【4面トップ】人と環境との関係について学習---鹿児島正平協が脱核部会と交流

 

 

教区報2017年10月号

【1面トップ】人が集う教会目指す二期工事開始---名瀬聖心教会聖堂改修工事竣工感謝ミサ
【2面】諏訪勝郎神学生の「僕の長崎への道」---日本二十六聖人の道を歩いて(13)
【3面トップ】司教と一緒に神との関わりを学習---奄美大島で3回目のYOUCAT
【4面トップ】小教区の枠を超えて交流---教区連合壮年会が奉仕作業と黙想会

 

 

 

教区報2017年9月号

【1面トップ】ザビエル上陸記念祭を振り返る---聖人と私たちの関係を見つめ直す機会
【2面トップ】聖霊による生活刷新セミナー---多くの感動をもらった受講の感想
【3面トップ】み言葉にかなう家族のあり方を学習---第5回夏休み子ども大会(聖書学校)
【4面トップ】諏訪勝郎神学生の「僕の長崎への道」---日本二十六聖人の道を歩いて(12)

 

 

教区報2017年8月号

【1面トップ】司祭として生き抜いて50年---竹山昭神父が司祭叙階金祝
【2面、3面】たくさんの「ありがとう」を伝えに---「レデンプトール会感謝の旅」感想文
【4面トップ】諏訪勝郎神学生の「僕の長崎への道」—日本二十六聖人の道を歩いて(11)

 

教区報2017年7月号

【1面トップ】祈りについての学びと堅信式---恒例の北薩信徒大会に180人集う
【2面トップ】新しい歩みを始める記念祭---ザビエル祭の歴史を振り返る
【3面トップ】女性の役割と生き方を学ぶ---奄美カトリック女性連盟が総会と研修会
【4面トップ】諏訪勝郎神学生の「僕の長崎への道」---日本二十六聖人の道を歩いて(10)

 

教区報2017年6月号

【1面トップ】ザビエル上陸記念祭を盛り上げよう---趣旨を再確認し信徒の心表現しよう
【2面】数字で知る私たちの教区---2016年教会現勢報告
【3面トップ】殉教者の地を巡って感じたこと---野菜を販売して叶えた長崎巡礼の思い出
【4面トップ】諏訪勝郎神学生の「僕の長崎への道」--日本二十六聖人の道を歩いて(9)

 

教区報2017年5月号

【1面トップ】竹山・成相両神父の金祝など検討--4月の鹿児島教区司祭評議会
【2面トップ】教区で働く聖職者たちの顔ぶれ--2017年度司祭・終身助祭
【3面トップ】司祭の約束を更新--司教を囲んで聖香油ミサ
【4面トップ】諏訪勝郎神学生の「僕の長崎への道」—-日本二十六聖人の道を歩いて(8)

 

教区報2017年4月号

【1面トップ】温かみのある小教区へ--班制度の共通理解を図る--意見交換会でザビエル教会
【2面トップ】諏訪勝郎神学生の「僕の長崎への道」—日本二十六聖人の道を歩いて(7)
【3面トップ】フィリピンからのメッセージ学ぶ---谷山教会で2017年世界祈祷集会
【4面トップ】「正義と平和協議会全国会議」報告--終身助祭(加世田教会)川口茂

 

教区報2017年3月号

【1面トップ】ユスト高山右近を列福---鹿児島でもカテドラルで感謝のミサ
【2面トップ】諏訪勝郎神学生の「僕の長崎への道」---日本二十六聖人の道を歩いて(6)
【3面トップ】大きな恵みヴィアンネ助祭誕生---韓国での叙階式に参列して~貴島丈弥神父
【4面トップ】聖心教会聖堂修復への恵みと信仰の絆---小さく貧しい祈りの集いメンバー~森島実江

教区報2017年2月号

【1面トップ】カトリック校生徒の絆を繋ぐ--YCCを体験しよう!
【2面トップ】本田哲郎神父講演会報告--鹿児島カトリック正義と平和協議会
【3面トップ】諏訪勝郎神学生の「僕の長崎への道」--日本二十六聖人の道を歩いて(5)
【4面トップ】故・糸永真一名誉司教を偲ぶ--たくさんの「ありがとう」を届けたい

 

教区報2017年1月号

【1面トップ】ともに暮らす家を大切にしましょう--鹿児島教区教区長・郡山健次郎司教
【2面トップ】記念祭に新しい息吹---地域と共に歩むシドッチ上陸記念祭へ
【3面トップ】教区の基盤づくりに奔走---前教区長 パウロ糸永真一名誉司教帰天
【4面トップ】諏訪勝郎神学生の信徒総代に聞く④教会活動活性化のために奮闘中---大熊小教区(浦上教会)赤塚欽弥さん

お勧めの記事

司教の手紙201903 1

神の国とは、神の支配が実現した状態のことですが、それは罪と死に拘束されていた人間が、イエスの死と復活によってそれらから解放されたという、イエスの弟子たちの理解によるものです。

司教の手紙 2

みなさまお元気でしょうか。今回から、私の紋章に用いた聖句についての説明を始めたいと思います。紋章の聖句はご存じのとおり、「まず、神の国とその義をもとめよ」(マタイ6・33)です。 「まず」とは「何はさ ...

中野裕明司教 3

「一年の計は元旦にあり」と申しますが、今年の年頭の辞は、「わたしの司教職の計は元旦にあり」ということになります。つまり、司教紋章の聖句に掲げたモットーは、今年限りではなく、私の在任中ずっと継承すべきものであるといえます。もちろん、「神の国」というテーマは、イエスご自身の生涯のテーマでしたし、イエスがもたらした、福音のキーワードです。

4

聖パウロや使徒たちは、手紙(書簡)という方法で、信者との交信を図りました。私も聖人たちに倣い、この方法を用いたいと思います。よろしくお願いします。

5

序論:「八つの幸い」・「地の塩・世の光」 配布資料 第2講レジュメ

-教区報(月刊紙)
-

Copyright© カトリック鹿児島司教区 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.