教区報(月刊紙)

【2021年9月号】鹿児島カトリック教区報

投稿日:2021年8月28日 更新日:

紙面の主な記事

【1面トップ】〔司教の手紙〕家族の中の夫婦愛 --- 中野裕明司教
【2面トップ】ヒエラルキーという語について(1)--- 紫原教会主任司祭・山口好信神父
【3面】研修で幼児教育の心を学習、夢見る大島紬、康由神父の聖書教室、他
【4面トップ】教区シノドス これからどう進む⑫み言葉の分かち合いとは(5)「み言葉選びと黙想そして分かち合い」(第三、四、五段階)---教区シノドス推進会事務局・長野宏樹

2021年9月号のダウンロードはこちらから(920Kb)

紙面のプレビュー画面

お勧めの記事

中野裕明司教の紋章 1

全世界の教会のために開かれる司教シノドスが実り豊かなものとなるよう、教会の母聖マリアの取り次ぎを神の民に願うことは誠に相応しいことであると思います。

中野裕明司教の紋章 2

鹿児島教区司教 中野裕明 教区の皆さま、主イエスのご復活おめでとうございます。復活の慶びが教区全体に行き渡りますように。 今回は復活節に因んで、イエスの復活についてお話しいたします。 私は、ある信者さ ...

中野裕明司教の紋章 3

世界には大小さまざまな真偽不明の情報が攪乱しています。そんな中、普遍な価値を選択し、神の国の実現のために私たちの信仰を今一度見直していきたいものです。

中野裕明司教の紋章 4

この世は闇に覆われているので、明るいニュースに乏しいのが現実です。そんな中、罪と死に打ち勝ち、復活したキリストを賛美し顕彰する教会の使命は、まさに福音宣教の一点にあると言えるのではないでしょうか。

中野裕明司教の紋章 5

聖家族とは、神が人間となって私たちの一人になってくださり、私たち家族の苦労を共有してくださった最初の家族のことです。その家族とは、ヨゼフとマリアと幼子イエスのことです。

-教区報(月刊紙)
-

Copyright© カトリック鹿児島司教区 , 2023 All Rights Reserved Powered by STINGER.