教区報(月刊紙)

【2022年9月号】鹿児島カトリック教区報

更新日:

9月号 紙面の主な記事

【1面】【司教の手紙】「すべてのいのちを守るための月間」に寄せて~中野裕明司教、ザビエル列聖400年を祝って~今年のキリスト教伝来記念ミサ、他
【2面】カトリック教会の多様性を生きる~とくに信徒と聖職位階とのかかわりの中で~②第一部「教会とは」永山幸弘神父、他
【3面】吉野教会が創立50周年を祝う、奄美連合壮年会が奉仕作業、康由神父の聖書教室、9月の会と催し、他
【4面】教職員研修会を終えて~天城カトリック幼稚園・竹田陽平さん、信徒のための信仰生活指針⑤第2バチカン公会議に基づく信徒固有の霊性、こどものひろば(要理)

2022年9月号のダウンロードはこちらから(954Kb)

紙面のプレビュー画面

お勧めの記事

中野裕明司教の紋章 1

「いのちの福音」は神からいただいたすべての「人間のいのち」について、カトリック教会の教えを体系的に論述したものですが、私は、胎児のいのちに限り、論点だけをお話いたします。

中野裕明司教の紋章 2

「イエスのみ心」の信心の始まりは、あくまで十字架上で血を流された、あのイエスの心(愛)を観想することです。「永遠のいのちの糧であるパン」と「多くの人の罪のゆるしのために流される血」を受けて、イエスの愛を生き、他者を愛する力が与えられるよう祈りましょう。

中野裕明司教の紋章 3

教区の皆さまお元気でしょうか。 わたしたちはこの5月を聖母月として過ごします。それは、5月が自然の中に、生命の充満を感じとれる季節でありますし、典礼においては復活したキリストがもたらした永遠の生命を賛 ...

中野裕明司教の紋章 4

新型コロナパンデミック、ロシアによるウクライナ侵攻という歴史的な変容の中で、主イエスの復活を黙想し、その意味を明かしていくことはとても意義深いことです。今回はこの復活祭の意味についてお話ししたいと思います。

中野裕明司教の紋章 5

中野裕明司教は2月28日、鹿児島の全教区民に日本カトリック司教協議会(会長=菊地功大司教)の会長談話を告知するとともに、ウクライナの平和のために「日本の教会と心を合わせて祈りましょう」と、呼びかけまし ...

-教区報(月刊紙)
-

Copyright© カトリック鹿児島司教区 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.