動画アーカイブ

郡山司教:フランシスコ教皇の回勅を引用し「環境的回心」を説く

更新日:

郡山健次郎鹿児島司教は、「いつくしみの特別聖年」の扉を開く式をカテドラル・ザビエル教会で行いました。また、この日はフランシスコ教皇の望みに応えて郡山司教の指示で、奄美大島の名瀬聖心教会と徳之島の母間教会でも聖年の扉を開く式を行っています。

郡山司教はミサ説教の中で、フランシスコ教皇の回勅を引用しながら「環境的回心」を説きました。

お勧めの記事

中野裕明司教の紋章 1

心を変えましょう!私たちの心が、少しでもイエスのみ心に近づくことができますように。

中野裕明司教の紋章 2

「見たこともないのに愛し、見なくても信じる」 「キリストを見たこともないのに愛し、今見なくても信じている」罪と死に勝利した主イエス・キリストの復活、おめでとうございます。 教区の皆さま、お元気でしょう ...

中野裕明司教の紋章 3

宣教部会は、基本的な精神として、人間に対する徹底した奉仕を目指すものと考えています。ただ、宣教という言葉は、「福音を宣べる」という意味ですが、言葉と行いで、福音を宣べ伝えることを「福音宣教」と考え、愛の実践は「福音化」という表現の内容であると理解したいのです。

-動画アーカイブ
-

Copyright© カトリック鹿児島司教区 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.