動画アーカイブ

郡山司教:フランシスコ教皇の回勅を引用し「環境的回心」を説く

更新日:

郡山健次郎鹿児島司教は、「いつくしみの特別聖年」の扉を開く式をカテドラル・ザビエル教会で行いました。また、この日はフランシスコ教皇の望みに応えて郡山司教の指示で、奄美大島の名瀬聖心教会と徳之島の母間教会でも聖年の扉を開く式を行っています。

郡山司教はミサ説教の中で、フランシスコ教皇の回勅を引用しながら「環境的回心」を説きました。

お勧めの記事

中野裕明司教 1

「一年の計は元旦にあり」と申しますが、今年の年頭の辞は、「わたしの司教職の計は元旦にあり」ということになります。つまり、司教紋章の聖句に掲げたモットーは、今年限りではなく、私の在任中ずっと継承すべきものであるといえます。もちろん、「神の国」というテーマは、イエスご自身の生涯のテーマでしたし、イエスがもたらした、福音のキーワードです。

2

聖パウロや使徒たちは、手紙(書簡)という方法で、信者との交信を図りました。私も聖人たちに倣い、この方法を用いたいと思います。よろしくお願いします。

2018年夏季集中講座第1講 3

鹿児島教区主催第27回夏期集中講座は8月20日(月)から24日(金)まで、5日間にわたってカテドラル・ザビエル教会で行われます。今年のテーマは「山上の説教」で、第1講は山上の説教の基本的性格。動画と配布資料を閲覧することができます。

第24回夏季集中講座最終日の竹山神父 4

完成の日に向かって われわれ人間はどこに向かっているのか?そしてどうなるのか? キリスト教は、個人の生涯についても人類の歴史についても、その未来は根本的に開かれたものであるという希望を持っている。「希 ...

いつくしみの信心 5

聖年は2015年12月8日~2016年11月20日 鹿児島教区に信仰の新しい伝統を作りたいと思っています。第二バチカン公会議後、日本の教会はいち早く改革を推進し、新しい教会の姿を作り上げてきました。と ...

-動画アーカイブ
-

Copyright© カトリック鹿児島司教区 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.