司教執務室だより

み心に対する信心

更新日:

6月と言えば梅雨の季節。しかし、私たち信者にとっては、六月と言えばみ心の月。中央協議会のホームページの解説によると、み心の信心は「17世紀にフランスで広まり」、「1856年に教皇ピオ九世によって祭日として祝われるようになった」のだそうです。

歴史的なことはともかく、イエスさまは、聖マルガリタ・マリア・アラコック(1647~90)に「愛情に燃えているみ心を示して、人々の間に(愛が)欠けている冷淡な心を嘆かれ、イエス自身の愛に倣ってその心を尊ぶことを勧められました」(同上ホームページ)。

「人々の間に(愛が)欠けている冷淡な心」が具体的にどんな状況を指しているのか分かりませんが、1517年の宗教革命と1789年のフランス革命のほぼ中間の時代であることから察すると、自由の名のもとに自分のことを第一に考える風潮が社会を覆っていたのかもしれません。

イエスさまの「出現は数回に及んだ」と解説にはあるので、「(愛が)欠けた冷淡な心」は、当時のフランスで社会問題を引き起こすほどに深刻なことだったのでしょう。そうだとしたら、今の時代となんら変わらない状況があったと言えます。そうすると、み心の信心は時代遅れどころか、まさに今こそ必要な信心の一つということになります。

ベネディクト十六世も2006年のイエズス会総長宛の書簡で、「『槍で刺し貫かれた脇腹』を仰ぎ見ること(み心の信心)を、過去の礼拝ないし信心の形と考えてはなりません」(同上)と述べておられます。

いつも推奨している「起き抜けの祈り」で「今日も主の愛のみ心に倣いたい」などの射祷とともに一日が始まるみ心の月であるよう祈ります。

※(愛が)は筆者加筆。

お勧めの記事

司教の手紙④ 1

皆様お元気でしょうか。鹿児島教区はこれまで「ザビエル上陸記念祭」を8月中に日時を変えて祝ってきましたが、今年(渡来470年)から、8月15日に固定したいと思います。その理由をお話しします。 8月15日 ...

司教の手紙 2

皆さまお元気でしょうか。今回は「神の国と聖体」についてお話したいと思います。「聖体」は、信者の皆さんにとっては自明の信仰の真理でしょう。それを頂くためにミサに参加しているといっても過言ではありません。 ...

司教の手紙201903 3

神の国とは、神の支配が実現した状態のことですが、それは罪と死に拘束されていた人間が、イエスの死と復活によってそれらから解放されたという、イエスの弟子たちの理解によるものです。

司教の手紙 4

みなさまお元気でしょうか。今回から、私の紋章に用いた聖句についての説明を始めたいと思います。紋章の聖句はご存じのとおり、「まず、神の国とその義をもとめよ」(マタイ6・33)です。 「まず」とは「何はさ ...

中野裕明司教 5

「一年の計は元旦にあり」と申しますが、今年の年頭の辞は、「わたしの司教職の計は元旦にあり」ということになります。つまり、司教紋章の聖句に掲げたモットーは、今年限りではなく、私の在任中ずっと継承すべきものであるといえます。もちろん、「神の国」というテーマは、イエスご自身の生涯のテーマでしたし、イエスがもたらした、福音のキーワードです。

6

聖パウロや使徒たちは、手紙(書簡)という方法で、信者との交信を図りました。私も聖人たちに倣い、この方法を用いたいと思います。よろしくお願いします。

-司教執務室だより

Copyright© カトリック鹿児島司教区 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.