司教執務室だより

12月8日から「いつくしみの特別聖年」

投稿日:

8月と言えば聖母被昇天、ザビエル様鹿児島上陸、お盆、そして終戦記念日。今年は戦後70年の節目に当たることから政治的にも話題が多い。

鹿児島教区としては、今年も、鹿児島ユネスコとの共催で15日の12時に「平和の鐘を鳴らす」ことになっている。ザビエル上陸記念祭実行委員会の議事録によると、今年は、それまでに、3時間にわたる聖体礼拝や講演会も予定されていて、特別な感じがする。

特別な感じと言えば、8月15日が教会とかかわりの深い日であるのと同じように、真珠湾攻撃によって日本が米英に宣戦布告したのも、マリア様が無原罪の御宿りであることが教義として公認されたのも同じ12月8日。

日本が身の程知らぬ暴挙に出て日本はもちろんアジアの人々を取り返しのつかない阿鼻叫喚の世界に突き落としたのも、原爆という鉄槌を下されてやっと目が覚めたのもマリア様の記念日というのは、やはり特別な感じがするのだ。ことに、平和憲法を変えようとすることが近隣諸国の人々にかつての悪夢を蘇らせ、不安を増幅させていることに気付こうとしない現政権の姿は、真珠湾の暴挙と重なる。

イエス・キリスト、父のいつくしみのみ顔

イエス・キリスト、父のいつくしみのみ顔

そんなじくじたる思いでいるところにフランシスコ教皇の「イエス・キリスト、父のいつくしみのみ顔」が届いた。12月8日から始まる「いつくしみの特別聖年」のいわばキャンペーン書。聖年のモットーが「御父のようにいつくしみ深くー」であると述べられ、カテドラルやその他の主な教会で「いつくしみの扉」を設置するように呼びかけておられる。鹿児島教区でもぜひ設置したいと思う。そして、戦後70年を特別の年にしたい。

何よりも各自の心の中で平和の鐘が鳴るとき神のいつくしみも平和もやって来る。

お勧めの記事

中野裕明司教の紋章 1

新型コロナパンデミック、ロシアによるウクライナ侵攻という歴史的な変容の中で、主イエスの復活を黙想し、その意味を明かしていくことはとても意義深いことです。今回はこの復活祭の意味についてお話ししたいと思います。

中野裕明司教の紋章 2

中野裕明司教は2月28日、鹿児島の全教区民に日本カトリック司教協議会(会長=菊地功大司教)の会長談話を告知するとともに、ウクライナの平和のために「日本の教会と心を合わせて祈りましょう」と、呼びかけまし ...

中野裕明司教の紋章 3

教区の皆さま、お元気でしょうか。 今年の四旬節も新型コロナウイルス禍の中で過ごすことになりそうです。そこで今回はイエスの教えとウイルスについてお話します。 「ウイルス」という言葉が、マスコミで多用され ...

中野裕明司教の紋章 4

2月25日、私たちは「教区創立」67周年を迎えます。教区創立とは、教区司教が任命され、教会法的に言うなら、世界に広がる「普遍教会」の中の、一つの部分教会として認められたということです。この機会に鹿児島教区のことを3つの視点から皆さんと分かち合いたいと思います。

中野裕明司教の紋章 5

日本で初めて、ザビエルさまを迎え入れた鹿児島教区として、ザビエルさまの聖徳、すなわち「聖人としての証」についてご一緒に考えてみたいと思います。

中野裕明司教の紋章 6

今回はクリスマスを迎える準備として、マリア様とヨセフ様のことに思いを馳せながら信者としての生き方を求めていきたいと思います。

中野裕明司教の紋章 7

この世に存在しながら、神の国の建設を目指すわたしたちは、神のみ旨を追求するために、神の言葉への回帰に努めたいと思います。この日に始まる「聖書週間」はその良い機会になるのではないでしょうか。

-司教執務室だより
-

Copyright© カトリック鹿児島司教区 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.