司教執務室だより

12月8日から「いつくしみの特別聖年」

投稿日:

8月と言えば聖母被昇天、ザビエル様鹿児島上陸、お盆、そして終戦記念日。今年は戦後70年の節目に当たることから政治的にも話題が多い。

鹿児島教区としては、今年も、鹿児島ユネスコとの共催で15日の12時に「平和の鐘を鳴らす」ことになっている。ザビエル上陸記念祭実行委員会の議事録によると、今年は、それまでに、3時間にわたる聖体礼拝や講演会も予定されていて、特別な感じがする。

特別な感じと言えば、8月15日が教会とかかわりの深い日であるのと同じように、真珠湾攻撃によって日本が米英に宣戦布告したのも、マリア様が無原罪の御宿りであることが教義として公認されたのも同じ12月8日。

日本が身の程知らぬ暴挙に出て日本はもちろんアジアの人々を取り返しのつかない阿鼻叫喚の世界に突き落としたのも、原爆という鉄槌を下されてやっと目が覚めたのもマリア様の記念日というのは、やはり特別な感じがするのだ。ことに、平和憲法を変えようとすることが近隣諸国の人々にかつての悪夢を蘇らせ、不安を増幅させていることに気付こうとしない現政権の姿は、真珠湾の暴挙と重なる。

イエス・キリスト、父のいつくしみのみ顔

イエス・キリスト、父のいつくしみのみ顔

そんなじくじたる思いでいるところにフランシスコ教皇の「イエス・キリスト、父のいつくしみのみ顔」が届いた。12月8日から始まる「いつくしみの特別聖年」のいわばキャンペーン書。聖年のモットーが「御父のようにいつくしみ深くー」であると述べられ、カテドラルやその他の主な教会で「いつくしみの扉」を設置するように呼びかけておられる。鹿児島教区でもぜひ設置したいと思う。そして、戦後70年を特別の年にしたい。

何よりも各自の心の中で平和の鐘が鳴るとき神のいつくしみも平和もやって来る。

お勧めの記事

中野裕明司教の紋章 1

竹山神父さまの帰天を機に、信者さん方の信仰の養成をことのほか大事に考えておられた神父様のご意向を継続したいという思いが私を駆り立てました。それで、考えたのが「中野アカデミー」開講です。

中野裕明司教の紋章 2

皆様お元気でしょうか? 今回は、教会の3つの柱の3本目である「派遣」について考えてみます。 派遣は誰から、誰に向かって、どのような方法で? ミサの最後に「感謝の祭儀を終わります。行きましょう、主の平和 ...

中野裕明司教の紋章 3

みなさん、お元気ですか? 今回は、教区代表者会議のテーマである「教会の3つの柱」のうち第2番目の柱についてお話しします。第2番目の柱のキーワード(鍵となる言葉)は「交わりと一致」です。 「人と人」、「 ...

中野裕明司教の紋章 4

教区代表者会議のテーマである「教会の3つの柱」のうち第1番目の柱についてお話しします。第1番目の柱は「集まる」(エクレシア)です。私たちは自分の意志で教会に集まっていると思っているかもしれませんが、実は、神の招きに応えた結果であることを思い起こしたいと思います。

中野裕明司教の紋章 5

集まり、交わり、派遣されるの3つを生きる 皆様お元気でしょうか。今年10月13日、14日に開催予定の教区シノドスのテーマは「教会の三つの柱(集まり、交わり、派遣される)を生きる」に決めました。 神父様 ...

中野裕明司教の紋章 6

世界規模で実施されているシノドスの方法論は、教会の存在理由である福音宣教のために有効な手段であると思います。教区代表者会議の準備のために、間もなく、代表者の皆様のお手元に最初の質問状をお届けします。

中野裕明司教の紋章 7

皆様お元気でしょうか。鹿児島教区はこれまで「ザビエル上陸記念祭」を8月中に日時を変えて祝ってきましたが、今年(渡来470年)から、8月15日に固定したいと思います。その理由をお話しします。 8月15日 ...

-司教執務室だより
-

Copyright© カトリック鹿児島司教区 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.