司教執務室だより

島田喜蔵神父を思う

更新日:

ザピエル教会創設者、初代主任司祭トマス島田喜蔵神父

ザピエル教会創設者、初代主任司祭トマス島田喜蔵神父

先月、ふとしたことから、島田神父様についての本(隠れキリシタンから司祭に―トマス島田喜蔵神父の生涯―中田秀和著)を読む機会を得た。神父様については無知に等しかったのでとても興味深く読ましてもらった。9月15日は、司教座聖堂献堂記念日でもあることから、にわか知識だが、神父様のことを少し分かち合ってみたい。

神父様は明治維新の12年前の1856年、隠れキリシタンの家庭で生まれた。11歳の時、母親の薦めで司祭を志すことに。しかし、禁教令下の当時、大浦教会の司祭館に身を隠しながらの生活を余儀なくされた。その後、他の志願者たちと共に香港に逃れ、パリ外国宣教会にかくまわれることに。そこでマゲを落とすことになったというくだりは笑えない。

「マゲがぽたりと落ちた時は首を落とされたようで、永久に日本から捨てられたように感じ、涙が出るほど悲しかった」(50頁)。やがて、横浜に送られて最終的には長崎の神学校で学ばれた。興味深いのは、その前の2、3年、試の期間として社会に出されたこと。神父様は、小学校の先生になったという。こうして、落伍者も出る中で、1887年31歳で司祭に叙階された。五島初の司祭。

最初の赴任地は大分で、臼杵のあと、1890年鹿児島に転勤。当初、川内の皿山におられたフェリエ神父様の元に身を寄せ、鹿児島入りを準備されたという。

鹿児島では、すでに宣教活動を始めていたプロテスタントから送られた4、5人の信者たちが毎日のように来ては議論を戦わせて帰っていった。神父様は、毎回、丁寧に応答され、カトリックの教義を親切に説かれたので、ついに、この人々はカトリックに改宗したという。最初の受洗者は12人。

ザピエル教会創設者、初代主任司祭トマス島田喜蔵神父様の聡明さと宣教師魂には敬服するが、詳細を記すには紙面が尽きた。機会があれば続きを書きたいと思う。

お勧めの記事

中野裕明司教の紋章 1

新型コロナパンデミック、ロシアによるウクライナ侵攻という歴史的な変容の中で、主イエスの復活を黙想し、その意味を明かしていくことはとても意義深いことです。今回はこの復活祭の意味についてお話ししたいと思います。

中野裕明司教の紋章 2

中野裕明司教は2月28日、鹿児島の全教区民に日本カトリック司教協議会(会長=菊地功大司教)の会長談話を告知するとともに、ウクライナの平和のために「日本の教会と心を合わせて祈りましょう」と、呼びかけまし ...

中野裕明司教の紋章 3

教区の皆さま、お元気でしょうか。 今年の四旬節も新型コロナウイルス禍の中で過ごすことになりそうです。そこで今回はイエスの教えとウイルスについてお話します。 「ウイルス」という言葉が、マスコミで多用され ...

中野裕明司教の紋章 4

2月25日、私たちは「教区創立」67周年を迎えます。教区創立とは、教区司教が任命され、教会法的に言うなら、世界に広がる「普遍教会」の中の、一つの部分教会として認められたということです。この機会に鹿児島教区のことを3つの視点から皆さんと分かち合いたいと思います。

中野裕明司教の紋章 5

日本で初めて、ザビエルさまを迎え入れた鹿児島教区として、ザビエルさまの聖徳、すなわち「聖人としての証」についてご一緒に考えてみたいと思います。

中野裕明司教の紋章 6

今回はクリスマスを迎える準備として、マリア様とヨセフ様のことに思いを馳せながら信者としての生き方を求めていきたいと思います。

中野裕明司教の紋章 7

この世に存在しながら、神の国の建設を目指すわたしたちは、神のみ旨を追求するために、神の言葉への回帰に努めたいと思います。この日に始まる「聖書週間」はその良い機会になるのではないでしょうか。

-司教執務室だより
-,

Copyright© カトリック鹿児島司教区 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.