司教執務室だより

四旬節を前にして

更新日:

hai手元には、各教区の教区報や小教区、修道会からの通信が毎月送られてきます。先月の新年号には各教区の司教さんたちからの抱負や教区のこの一年の計が語られたりするので参考になります。そんな中で、立正佼成から贈呈された機関誌「佼成」と新聞には別の意味で興味深い記事がいくつか目につきました。

開祖様は巻頭言で「思いやり」についてこう述べておられます。
「思いを他へやるのです。愛の心・慈しみの心を人に捧げるのです。つまり、心の布施にほかなりません」(佼成)。

心の布施、という表現は初めて目にすることで大変新鮮に響きました。日常何気なく使う言葉から、こんなにも簡潔で分かりやすく、思わず「なるほど」と頷きたくなるような言葉が生まれることに驚きます。

私たちの言葉で言えば、「捧げもの」ということになるのだと思いますが、「心の捧げもの」という名詞としての使い方はしません。そういえば、「心田を耕す」という言葉も聞いたことがあります。説明を聞かなくても分かるような気がします。

ページをめくると現会長先生の法話がありました。前に読んだことのある「常不軽菩薩(じょうふきょうぼさつ)」のお話でした。
ある修行僧は、自分を迫害する人にも、「私はあなたを敬います。皆、仏になる人だからです」と言って合掌したというのでこの名で呼ばれるようになったということです。

立正佼成会の教会に行くと、合掌の挨拶で迎えられますが、それはこのお坊さんに由来するという説明でした。美しい挨拶だといつも思います。

この二つの記事は、私に大きな呼びかけとなりました。一つは、自分の信仰を一般の人にも分かる言葉で表現する努力がいるということですが、これは信徒の皆さんよりも司祭の皆さんにまず求められることかもしれません。

もう一つは、頭の信仰から実際に生きた信仰への努力です。「みんな神さまの子」と信じているのに教会の中に「兄弟げんか」が絶えないのはどうしてでしょうか。誰をも軽んじない「常不軽信者」として、どの人にも「アーメン」言って合掌礼拝できたら素晴らしいと思います。

そういえば、18日は灰の水曜日。早くも四旬節です。当日の第一朗読の書き出しは次のようになっています。

「今こそ、心からわたしに立ち返れ。断食し、泣き悲しんで衣を裂くのでなく、お前たちの心を引き裂け」(ヨエル2・12)。
日本語らしく言えば、「心田を耕せ!」ということになるのでしょうか。

お勧めの記事

中野裕明司教の紋章 1

「兄弟は他人の始まり」と日本では言われています。だとすれば、兄弟愛を育むことが如何に大事なことか、それは人類が殺し合う戦争の防止に欠かせないことだから、だと言えます。

中野裕明司教の紋章 2

洗礼を受けて、神の子どもにしていただいた私たちはイエスのように生涯を天の父のみ旨を求め、それを果たしていけるように「子」として、全力を尽くさなければなりません。

中野裕明司教の紋章 3

教会は伝統的に家庭を「社会の細胞」という風に理解しています。その訳は、多くの家庭が同じ問題を抱えているとそれは社会問題に発展するし、社会に問題が起こるとそれは家庭にダメージを与えるということになるからです。

中野裕明司教の紋章 4

神の救いの計画は、家庭の中から始まると言っても過言ではないと思います。

中野裕明司教の紋章 5

イエスを収めた墓までの記録は、罪深い人間のわざと言えるし、空の墓からの出来事は、神の働き、神のわざであると言ます。そのように私たちは信じています。復活の証人となれますように!

中野裕明司教の紋章 6

教皇フランシスコは、2021年を「聖ヨセフの年」と宣言なさいました。これは、聖ヨセフを「普遍教会の保護者」と宣言した、教皇ピオ9世の使徒的書簡発布の150周年を記念して催されるものです。今回はこのことについてお話します。

-司教執務室だより

Copyright© カトリック鹿児島司教区 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.