司教執務室だより

聖母月の思い出は、奄美に自生するテッポウユリとともに

投稿日:

「若草もゆる 春の野辺に 一もと咲けるその白百合…」
五月に「春の野辺」という歌詞は日本ではそぐわないが、五月というのは、あちらでは寒い冬が終わって、眠っていた自然界が一斉に芽吹く春。一年で一番美しい花の季節なのだという。そういうわけで、五月こそマリア様にふさわしいということで聖母月。なるほどと思う。

ところで、聖母月といえば忘れることのできない思い出がある。五月といえば奄美の山野では自生のテッポウユリが咲きだす季節。侍者仲間と畑の境界線沿いに咲いている白百合を一抱えも採って教会に帰ろうとしたときだ。「誰だ、人の畑からユリを盗るのは?」突然目の前に畑の持ち主がヌッとあらわれて度肝を抜かれた。

「教会に…」恐る恐る答えると「あ、教会…ならいい。」信者の叔父さんだったのが幸いして放免された。教会では掃除当番のおばさんたちが喜んで受け取り、マリア様の前に飾ったのは言うまでもない。なんだか誇らしい感じがしたのも心に残っている。

こんな昔の話を書きながら、ふと、聖母月と聞いて、今の子供たちは何を思い出すのだろうと思った。そして、先月の奄美での合同復活祭のミサが思い起こされた。あの時、侍者を務めたり聖書朗読に駆り出された子供たち、それにミサ後のゲームや綱引きで大活躍した白百合の寮の子供たちが数十年たって「復活祭」と聞いたとき、あの時のことが応援の声とともに蘇ってくるに違いない。マリア様や教会につながるこうした思い出は尊い。

班集会にしても復活祭の遠足にしても簡略化が進んでいるのは自然の流れだとしても、何とか子どものための思い出作りをしてほしいと思う。教会に子供が一人しかいないとしても、その友達を複数招いて、信者でなくても天使の服装をした花撒き娘や担ぎ手を大勢集めての小教区レベルの聖母行列ができたら素晴らしい。これも将来を見据えた新しい福音宣教と言える。子どもたちにとって思い出に残る聖母月であるよう祈りたい。

お勧めの記事

中野裕明司教の紋章 1

今回は世界宣教の日(10月23日)に因み、禁教令下最後の宣教師シドティ神父についてお話します。彼は、1708年屋久島に上陸、すぐに捕らえられ、長崎の奉行所で尋問を受け、翌年、江戸に送られ、キリシタン屋敷に収監されます。

中野裕明司教の紋章 2

教皇フランシスコが命がけで、訴えていることは、二つの回勅で指摘されていることがらが真実であるかどうかを、私たちが暮らしている現場、あるいは日常生活の中で確認する作業を怠らないようにということです。

中野裕明司教の紋章 3

イエスの指摘(マタイ10・34~39)は、私たちの生活の現実を見事に言い表しています。つまり、たとえ血縁関係にあっても平和は構築しがたい、もし平和が欲しいなら、自分とイエスとの関係性で考えなさい、という勧告です。

中野裕明司教の紋章 4

「いのちの福音」は神からいただいたすべての「人間のいのち」について、カトリック教会の教えを体系的に論述したものですが、私は、胎児のいのちに限り、論点だけをお話いたします。

中野裕明司教の紋章 5

「イエスのみ心」の信心の始まりは、あくまで十字架上で血を流された、あのイエスの心(愛)を観想することです。「永遠のいのちの糧であるパン」と「多くの人の罪のゆるしのために流される血」を受けて、イエスの愛を生き、他者を愛する力が与えられるよう祈りましょう。

-司教執務室だより

Copyright© カトリック鹿児島司教区 , 2023 All Rights Reserved Powered by STINGER.