司教執務室だより

神学院の将来と展望---熱いお祈りと召命の呼びかけを!

投稿日:

聖母像

主のご復活のお慶びを申し上げます。

今年の復活祭は4月1日(日)という区切りのよい日になりました。主の日が文字通り主の復活の日となったわけでめでたさが倍加した感じで嬉しいです。

ところで、4月と言えば入学式。幼稚園から大学まで「おめでとう」の言葉が飛び交う希望の春です。神学校も例外ではありません。しかし、4月に始まるのは同じでも、神学校にはどこでも見られる華やかな入学式や卒業式はありません。

私の場合、美島神父さんに連れられて、夕食に間に合うように神学校の門をくぐり、院長さんと指導司祭に挨拶をして部屋に案内され、部屋といっても20人ほどが寝起きする共同寝室でしたが、緊張しながら夕食を共にした記憶しかありません。それが入学式みたいなものだと聞いて驚いたものです。

日本には、その神学校が、長崎教会管区の5教区が運営する福岡サン・スルピス大神学院と東京・大阪の2管区11教区が運営する東京カトリック神学院の2校がありました。10年ほど前にこの2校が統合されて「日本カトリック神学院」となり、前者を「福岡キャンパス」、後者を「東京キャンパス」と呼び、1校2キャンパス制をとってきました。

それはそれで、いいところもたくさんありましたが、新たな見直しがなされ、結局、来年4月から福岡カトリック神学院と東京カトリック神学院の2校制となることが日本司教団で合意されました。形は以前と同じですが、運営に当たる教区を従来のように九州と本州に限定しない「諸教区立」としたのが違うところです。

個人的には、母校が維持されることになったのは嬉しいのですが、召命の促進が大きな課題です。

現在、鹿児島からは諏訪神学生と田代神学生の2人が学んでいますが、司祭はもちろん信徒の皆さんにもこれまで以上に関心を寄せていただき、1人でも多くの志願者を送る努力が求められています。

熱いお祈りと呼びかけをお願いします。

お勧めの記事

郡山司教 1

お隣・ご近所宣教へのチャレンジを 鹿児島教区長 司教 郡山健次郎 教区の皆さん、新年あけましておめでとうございます。新しい年をどのように迎えたのでしょうか。こうして教区報で新年の挨拶をするのも12回目 ...

郡山司教 2

『生活そのもので神さまを喜ばせる』その心意気が大切-----郡山司教は、この日朗読されたヨハネ福音書(ヨハネ10・11-16)をもとに説教されました。

2017年ザビエル祭における郡山司教 3

郡山司教は説教の中で、「困難の中にあっても簡単にあきらめることのなかったザビエルさまは、いつもイエスさまの声を聞き続けたはず。私たちも、少しづつでも神さまの招きにこたえる努力をしなければならない。ザビエルさまが期待した道を歩むのが私たちの務めです。」と説かれました。

第24回夏季集中講座最終日の竹山神父 4

完成の日に向かって われわれ人間はどこに向かっているのか?そしてどうなるのか? キリスト教は、個人の生涯についても人類の歴史についても、その未来は根本的に開かれたものであるという希望を持っている。「希 ...

いつくしみの信心 5

聖年は2015年12月8日~2016年11月20日 鹿児島教区に信仰の新しい伝統を作りたいと思っています。第二バチカン公会議後、日本の教会はいち早く改革を推進し、新しい教会の姿を作り上げてきました。と ...

-司教執務室だより
-

Copyright© カトリック鹿児島司教区 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.