教区報(月刊紙)

【鹿児島カトリック教区報】2018年2月号

更新日:

紙面の主な記事

    • 【1面トップ】キリストの眼差し注いで30年---鹿児島きぼうの電話が記念式典
    • 【2面トップ】諏訪勝郎神学生の「僕の長崎への道」---日本二十六聖人の道を歩いて(16)
    • 【3面トップ】ベトナムに新しい拠点を建設中---教区のために祈り続けている聖血礼拝修道会
    • 【4面トップ】鹿児島きぼうの電話30周年記念に寄せて---レデンプトール宣教修道女会Sr.澤ヤエ子

2018年2月号のダウンロードはこちらから (PDF版925Kb)

紙面のプレビュー画面

こちらで閲覧することも可能です。



Podcast---最新のエピソード

RSS カトリック鹿児島

お勧めの記事

中野裕明司教の紋章 1

宣教部会は、基本的な精神として、人間に対する徹底した奉仕を目指すものと考えています。ただ、宣教という言葉は、「福音を宣べる」という意味ですが、言葉と行いで、福音を宣べ伝えることを「福音宣教」と考え、愛の実践は「福音化」という表現の内容であると理解したいのです。

中野裕明司教の紋章 2

キリストの肢体としての「成長」こそが典礼部会の目指すべき事柄です。ミサに参加した人たちが、ご聖体のキリストの命と交わり、さらに同じキリストを頂いた皆さんと命の交わりを促進することです。

中野裕明司教の紋章 3

今回から年頭の辞で発表した「信仰部会」「典礼部会」「宣教部会」にモットーを掲げてそれについて説明していきたいと思います。信仰部会のモットー「悔い改めて、福音を信じよ」「時は満ち、神の国は近づいた。悔い改めて、福音を信じなさい」(マルコ1・15)。

中野裕明司教の紋章 4

「まず神の国とその義を求めよ、そうすれば、これらのものはみな加えて与えられる」(マタイ6・23) 鹿児島教区のみなさま、新年あけましておめでとうございます。 昨年私たちはとても大きな恵みに満たされまし ...

長崎での教皇フランシスコ 5

カトリック中央協議会が公開した教皇フランシスコの来日に関する公式動画と文書を掲載しています。

中野裕明司教の紋章 6

教皇訪日を経て、私たちは新たな気持ちでクリスマスを迎えようとしています。そこで今回は、待降節を過ごす姿勢についてお話しします。

-教区報(月刊紙)
-,

Copyright© カトリック鹿児島司教区 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.