司教執務室だより

信者としての積極的な生き方を促すタイ式の信徒集会

投稿日:

ニラマイ教会

先月、4年ぶりに古い付き合いのタイの友人ワット神父さんを訪問した。彼は、タイの東北、メコン川のほとりに立つと正面にラオスが間近に見える国境の教区で信徒総数5万4千のターレ大司教区の司祭で、現在、信徒数2600人の小教区の主任司祭。ちなみに、最大の小教区は彼の出身地であるターレで信徒数1万5千、住民全員が信者。

それはともかくとして、今回初めて聞いたことだが、この教区では10年前に始めた基礎共同体運動が活発で10家族を1グループとして月一回の集会を欠かさないという。基本的には信者だけの集まりだが、信者でない家族がいたら一緒に参加し受洗にいたるケースも多いという。

もちろん子供達も全員参加。信者がお互いに離れて住んでいる都会では難しいそうで、実際にバンコクではうまくいってない。実際に機能しているターレ大司教区の例はいろんな場面での信徒養成の好例として参考になるかもしれない。特に中高生の黙想会にはいいかもしれないと思ったので少し紹介したい。

開会の聖歌と初めの祈りはどの集まりにも共通するとして注目すべきは「物語の時間」。教訓的な例え話であったり、時には実際の体験談も語られる。司会者は参加者に感想を聞き、何がメッセージだったかを話し合う。次に、語られた物語に見合う聖書が読まれ、印象に残った箇所を分かち合う。印象に残った理由も話してもらう。そして、とりなしの祈りが続く。

特徴的なのはミサの奉仕や病人訪問、貧しい人のため何ができるかを各自に問うこと。中高生がこうした質問にどこまで対応できるかわからないが、黙想会が勉強会に終わることなく、信者としての積極的な生き方を促すことになるという点では有効かもしれない。

タイ東北は出稼ぎの多い貧しいところだと聞いたことがあるが、生き生きとした信者たちの前向きな姿が彷彿として、仏教国に生きる信者たちのたくましさが思われた。ワット神父さんの兄弟たちは、多くが米農家でそれほど豊かではないが、あっけらかんとして明るいのも頷ける。いつか読んだ本の真似ではないが、幸福度ランキングは世界でも上位の方なのかもしれない。

お勧めの記事

司教の手紙④ 1

皆様お元気でしょうか。鹿児島教区はこれまで「ザビエル上陸記念祭」を8月中に日時を変えて祝ってきましたが、今年(渡来470年)から、8月15日に固定したいと思います。その理由をお話しします。 8月15日 ...

司教の手紙 2

皆さまお元気でしょうか。今回は「神の国と聖体」についてお話したいと思います。「聖体」は、信者の皆さんにとっては自明の信仰の真理でしょう。それを頂くためにミサに参加しているといっても過言ではありません。 ...

司教の手紙201903 3

神の国とは、神の支配が実現した状態のことですが、それは罪と死に拘束されていた人間が、イエスの死と復活によってそれらから解放されたという、イエスの弟子たちの理解によるものです。

司教の手紙 4

みなさまお元気でしょうか。今回から、私の紋章に用いた聖句についての説明を始めたいと思います。紋章の聖句はご存じのとおり、「まず、神の国とその義をもとめよ」(マタイ6・33)です。 「まず」とは「何はさ ...

中野裕明司教 5

「一年の計は元旦にあり」と申しますが、今年の年頭の辞は、「わたしの司教職の計は元旦にあり」ということになります。つまり、司教紋章の聖句に掲げたモットーは、今年限りではなく、私の在任中ずっと継承すべきものであるといえます。もちろん、「神の国」というテーマは、イエスご自身の生涯のテーマでしたし、イエスがもたらした、福音のキーワードです。

6

聖パウロや使徒たちは、手紙(書簡)という方法で、信者との交信を図りました。私も聖人たちに倣い、この方法を用いたいと思います。よろしくお願いします。

-司教執務室だより
-

Copyright© カトリック鹿児島司教区 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.